組織概要
事業内容
From the Borders
お問い合せ






お知らせ

Event
JCBSイブニングセミナー(第13回)
「知られざる境界のしま・奄美」

2021年12月19日(日) 17時~18時
15:00~16:30 ウェビナー・オンライン
語り手:平井一臣(鹿児島大学法文学部)

北海道の倶知安や宮崎の都城で幼少時を過ごし、九州大学で政治史を学ぶ。専門は日本政治史。 鹿児島赴任後は地域政治にもかかわり、鹿児島県の選挙分析とメディア解説でその鋭い分析力 を発揮する。「保徳戦争」で知られる徳之島の政治にも詳しく、奄美でもっとも知られた政治学者の一人。
今回は知られざる奄美の魅力を
会員限定でお届けします!

[2021.11.22]


Eventスラブ・ユーラシア研究センター
実社会共催セミナー 「牛と鯨に導かれて境界をゆく」
が開催されました。セミナーの模様はYouTubeでご覧になれます。 https://www.youtube.com/watch?v=0YtO40wLjnY

[2021.11.22]


Event
UBRJ・NIHU 実社会共創セミナー
「牛と鯨に導かれて境界をゆく:アフリカ・アラスカ・北海道をめぐる複眼的思考」

2021年11月13日(土) 企画・司会:井上岳彦(北海道大学)
15:00~16:30 ウェビナー・オンライン
講演者:
田中利和(研究者)「牛のちからに牽かれて〜地下足袋にまつわる協奏実践へ」
是恒さくら(美術家)「鯨の物語に惹かれて〜探究から表現へ」

アフリカの農作業・牛耕研究者の田中利和さん(京都在住)と、人と鯨の関わりを探り小冊子や刺繍作品 として発表する美術家・是恒さくらさん(苫小牧在住)。これまでさまざまな境界に触れ味わってきた二人に、 アフリカ、アラスカ、そして北海道について語ってもらいます。キーワードは、「複眼をもたらすもの」、「案内者として の動物」、「異類を介在させることで可能となる共感」です。コロナ禍により大きく変わりつつある、人と人、人と 他生物の隔たりや結びつきを見つめなおし、次の生のあり方を考えたい方、ご参加をお待ちしております。

詳細:https://hokudaislav-northeast.net/event/202110291110/
登録:https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_Qd-wTJ-7SbmdrOTQ-QzWWA

[2021.11.12]


Seika
ブックレット8号
「知られざる境界のしま・奄美」
刊行。詳細は こちらをご覧ください。

[2021.10.29]


Event
JCBSイブニングセミナー(第12回)
「くじら捕りの島から:平戸生月・的山大島を訪ねて」
が開催されました。詳細は こちらをご覧ください。

[2021.10.22]


Event
JCBSイブニングセミナー(第12回)
「くじら捕りの島から:平戸生月・的山大島を訪ねて」

2021年10月17日(日) 17時~18時 
語り手:石田聖(長崎県立大学地域創造学部)

米国サクラメント州立大学研究員、ポートランド州立大学研究員、熊本大学大学院先導機構 特任助教を経て現職。 大学では、地域の実践的教育として「長崎の島に学ぶ(しまなびプログラム)」を担当
今回は、長崎本土の西の端にある平戸を訪ね、コロナ以前に学生らとも訪問したかつての 捕鯨地、生月・的山大島を中心に、島の暮らし、地域の活性化や課題、実際に現地を訪れた 学生の学びなどゆるく話題提供いたします。

*協力:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 境界研究ユニット(UBRJ)
*ゲスト視聴を希望される非会員の方がおられたら、ぜひ事務局までご一報ください。webinar@borderlands.or.jp

[2021.10.03]


Event
スラブ・ユーラシア研究センター公募研究共同研究班セミナー(ウェビナー) 「第二次ナゴルノ・カラバフ紛争:境界への影響と地政学的変動」
2021年10月22日(金) 15時半~17時半
パネリスト:廣瀬陽子x吉村貴之、今井宏平、田中浩一郎、D.ゴギナシュヴィリ (事前登録が必要です。詳細はこちらをご覧ください。)

スラブ研は境界・国境研究に関わる共同研究「南コーカサスを中心とした旧ソ連地域研 究・国際政治」に関して、セミナーを開催します。2020年秋にアゼルバイジャンとアル メニアの間で勃発した「第二次ナゴルノ・カラバフ紛争」により、アゼルバイジャンが 占拠されていた領土の多くを奪還するなど、大きな地政学変動が起こりました。本セミ ナーでは、地域そのもの、そして世界への影響を関連する一線の専門家が読み解きます。

[2021.10.03]


Event
本NPO理事 地田徹郎氏企画の 実社会共創セミナー 「ウポポイでの学び、ウポポイへの期待」が開催されました。セミナーの模様はYouTubeでご覧になれます。 https://www.youtube.com/watch?v=AaOkHTbrrWo

[2021.8.30]


Event
JCBSイブニングセミナー(第11回)
「ウラジオストク通信:ロシア極東を行く」
が開催されました。詳細は こちらをご覧ください。

[2021.8.30]


Event
JCBSイブニングセミナー(第11回)
「ウラジオストク通信:ロシア極東を行く」

2021年8月29日(日) 17時-18時 
語り手:高塚奈緒(NHKウラジオストク支局長・サハリン事務所長)
聞き手:岩下明裕(北海道大学境界研究ユニット)
*協力:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 境界研究ユニット(UBRJ)

コロナ禍のなか2021年2月に赴任。4月以降、ブラゴベシチェンスク、ハバロフスク、 サハリン、バイカル湖など取材。中露国境の「担ぎ屋」の話も。中露国境ツアー参加者 必見。

*ゲスト視聴を希望される非会員の方がおられたら、ぜひ事務局までご一報ください。webinar@borderlands.or.jp

[2021.7.20]


Event
実社会共創セミナー
「ウポポイでの学び、ウポポイへの期待」

2021年8月5日(木) 16時半-18時 
企画・報告:地田徹郎(JCBS理事/名古屋外国語大学)

北海道白老町に開業して1周年を迎えた民族共生象徴空間ウポポイ。ウポポイや アイヌ民族博物館での学びへの期待について披瀝し、来場者とウポポイでの学び について共に議論します。

*下記URLにて参加登録が出来ます。登録後にZoomウェビナーへの接続アドレスをお送りします。
https://zoom.us/webinar/register/WN_5RZ3PKWDRUC6KL4BpfpvEw
※Zoomを使用したオンライン会議です。インターネット環境とPC、スマホ、タブレット等があればご自宅やオフィスからお気軽にご視聴いただけます。参加費無料。

[2021.7.20]


Essays
本NPO会員 下村 仁士氏のエッセイ、「Queen Beetle 福岡湾遊覧コースで楽しむボーダーツーリズム」を公開中です。詳細はこちらをご覧ください。

[2021.7.17]


News
北大スラブ・ユーラシア研究センター・2021年度夏期国際シンポジウム/第3セッション「ロシアにとっての日本と韓国、韓国と日本にとってのロシア(英語)」(境界研究ユニット企画)の動画がアップロードされました。
詳細はhttps://www.youtube.com/watch?v=LazKqmX0L-cをご覧ください。

[2021.7.17]


Event
JCBSイブニングセミナー(第10回)
「ウラジオストク通信:ロシア極東を行く」

急遽延期いたします。
2021年7月4日(日) 17時-18時
語り手:高塚奈緒(NHKウラジオストク支局長・サハリン事務所長)
聞き手:岩下明裕(北海道大学境界研究ユニット)
*協力:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 境界研究ユニット(UBRJ)

コロナ禍のなか2021年2月に赴任。4月以降、ブラゴベシチェンスク、ハバロフスク、 サハリン、バイカル湖など取材。中露国境の「担ぎ屋」の話も。中露国境ツアー参加者 必見。

[2021.7.3]


Event
JCBSイブニングセミナー(第9回)
「台北街歩き:交錯する歴史、文化、人、そして未来」
が開催されました。詳細は こちらをご覧ください。

[2021.6.15]


Event
JCBSイブニングセミナー(第9回)
「台北街歩き:交錯する歴史、文化、人、そして未来」

2021年6月13日(日) 17時-18時
語り手:田村慶子(北九州市立大学)
聞き手:岩下明裕(北海道大学境界研究ユニット)
*協力:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 境界研究ユニット(UBRJ)

台北をゆっくり歩くと、洗練された近代的な街並みの中に、清朝統治時代や日本植民地 時代の様々な建物が残り、その歴史と文化を感じることができます。街にひそむ歴史と 文化、人々の息づかいを感じながら、台湾の現在と未来についても少しだけ考えてみた いと思います(語り手より)

[2021.5.31]


News
本NPO令和3年度通常総会を開催いたします。
詳細は こちらをご覧ください。

[2021.5.03]


Event
JCBSイブニングセミナー(第8回)
「城のボーダーツーリズム~北九州・壱岐・対馬・朝鮮半島の城跡を歩く~」
が開催されました。詳細は こちらをご覧ください。

[2021.4.19]


News
UBRJから『境界研究』11号が刊行
『現代地政学事典』(丸善)についての座談会にはJCBS会員が多数参加。いわゆる 「地政学ブーム」を徹底的に議論しました。
https://src-h.slav.hokudai.ac.jp/publictn/JapanBorderReview/no11/PDF/04.pdf

[2021.3.30]


Event
NIHU/UBRJ実社会共創セミナー
「パラオの魅力:観光、コロナ、安全保障」

2021年4月20日(火) 16時半-18時
報告:ルルケド薫(フリーランスライター/JCBS会員)

パラオ政府観光局からのサプライズゲストあり。安全保障では、迫りくる「中国」 のプレゼンスが語られます!

[2021.3.30]


Event
JCBSイブニングセミナー(第8回)
「城のボーダーツーリズム~北九州・壱岐・対馬・朝鮮半島の城跡を歩く~」

2021年4月18日(日) 17時-18時
語り手:高田喜博(公益社団法人北海道国際交流・協力総合センター)
聞き手:岩下明裕(北海道大学境界研究ユニット)

*協力:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 境界研究ユニット(UBRJ)

[2021.3.18]


Essays
本NPO副理事長 岩下明裕氏のエッセイ、南海日日新聞文化面3月10日掲載 ボーダーから奄美を考える⑪「奄美曼荼羅」を公開中です。今回で最終回です。詳細はこちらをご覧ください。

[2021.3.11]


Event
UBRJ・実社会のための共創研究セミナー「ボーダーツーリズムの魅力:端っこは面白い」(2021.3.2)が開催されました。

本センターの会員である斉藤マサヨシさんが、北海道大学の実社会共創セミナーで、ボーダーと写真にかける想いを存分にお話しします。

映像はこちらからご覧いただけます。

[2021.3.7]


● 本センターは境界地域研究ネットワーク JAPAN (JIBSN) の副代表幹事を務めています。 センターの個人会員の方々はJIBSNの準会員として、JIBSNが各自治体で主催するイベントやフィールドツアーなどに 優先的に参加することができます。[JIBSN ホームページ][2014.05.28]

COPYRIGHT © 2014-2021 JCBS ALL RIGHTS RESERVED.

▲PAGE TOP▲