JIBSN

 

 
What's New JIBSNとは 代表挨拶 メンバー・リスト 規約 参加申込書 活動スケジュール 歩みと取り組み リンク集 フォーラム JIBSN report
What's New

JIBSN礼文セミナー(2019年9月21日)&国境を越えないボーダーツーリズム宗谷編(9月20-23日) 終了報告

  2019年9月21日、北海道・礼文町で境界地域研究ネットワークJAPAN(JIBSN)の年次セミナーが開催され、約70名が参加者しました。稚内、根室、標津、対馬、五島、与那国、竹富など全国の境界自治体関係者が集まり、交通や喫緊の課題について議論しました。とくに第2セッションでは、サハリン航路が休止となった稚内、北方領土での共同経済活動が遅々として進まない根室、日韓関係の悪化で韓国人旅行者が激減している対馬からの最新報告があり、情報を共有しました。オープニングではJIBSN副代表幹事を務める木村崇氏(NPO法人国境地域研究センター理事長)の司会のもと、ホストである小野徹・礼文町長のビデオメッセージ、インターネットによる武田敏・副町長と初代代表幹事、外間守吉・与那国町長によるライブ対話も行われました。なおJIBSNの活動が縁となり、礼文と与那国は近々、姉妹提携をする予定です。そして来年のセミナーはその与那国で10月頃開催され、現在のJIBSN代表幹事である竹富町とのコラボで、与那国から波照間にチャーター便を飛ばすツアーも計画されています。

  セミナーとセットで行われる恒例のボーダーツーリズム(ビッグホリデー主催)も好天のもと50名近い参加者があり、本センターの会員同士の交流が進むなど、連日の盛り上がりがみられました。礼文町を始め、利尻町、利尻富士町、稚内市の新旧学芸員オールスターによる添乗解説に参加者は大満足でした。関係者のみなさまに心よりお礼申し上げます。

(2019.09.24 update)


9月21日JIBSN礼文セミナー プログラム公開

  • ■ 恒例のJIBSNセミナーが9月21日に礼文島で開催されますが、プログラムがほぼ固まりました。随時、HP上でアップデートしていきます。みなさまのご参加をお待ちします。
  • ■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

(2019.09.01 update)


「特集:ボーダーツーリズムの挑戦」週刊金曜日


■ JIBSNメンバーから、稚内、五島、与那国の自治体からのメッセージが掲 載されています。

■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

(2019.8.10 update)


「JIBSNセミナーボーダーツアーin礼文4日間」



■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

9月21日にJIBSN年次集会とセミナーが礼文町で開催されます。今回は境界自治体の交通をテーマに議論します。礼文と与那国をICTで結んでの交流も予定されています。これにあわせて「国境を越えない」ボーダーツーリズムも実施。JIBSN会員の稚内、礼文に加え、利尻富士と利尻の両町の協力のもと、各地の学芸員が総力を挙げて見どころをご案内します。みなさまのご参加をお待ちします。

(2019.7.04 update)


「北海道でボーダー(境界)を考える」


■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

北海道大学で開催された北海道の交通を考えるセミナーが、5月25日に無事、終わりました。討論の模様はこちらから。

(2019.7.27 update)


新代表幹事に竹富町長 西大舛 髙旬が就任

 2019年4月から、JIBSN第5代代表幹事として西大舛 髙旬・竹富町町長が就任しました。

 ■ 代表挨拶はこちら >>> >>>[CLICK]

(2019.4.1 up)


 

JIBSNレポート16号 特集「JIBSN五島セミナー2018刊行

JIBSN五島セミナー2018  

 境界地域研究ネットワーク JAPAN(JIBSN)が設立されてから7回目のセミナーである五 島セミナーを今回は取り上げます。

 ■レポートはこちら >>> >>> [CLICK]

 

(2019.2 . 21 update)


JIBSN五島セミナー活況 (2018年10月28日)

 恒例のJIBSNセミナーですが、今年は長崎県五島市で開催されました。北は北海道礼文町、東は根室市、西は沖縄与那国町、南は竹富町といったまさに日本の境界全域からJIBSN関係者(自治体、研究機関、NPO国境地域研究センター会員など)が集まるとともに、地元市民も多数参加し、70名を越える熱気ある会議となりました。ホストでもありJIBSN代表でもある、野口市太郎五島市長、次年度の開催予定地礼文島の小野徹町長のご挨拶を皮切りに、境界自治体の行政交流及び地域連携教育をめぐって実りある情報交換ができました。翌28日からは、五島市として初めての国際便チャーターで韓国済州島のボーダーツーリズムも実施されました。これまで国境を越えた「隣人」との直接の往来ができなかった五島ですが、新たなゲイトウェイが誕生した瞬間でした。    

(岩下明裕)

(2018.11.07 update)


国境を越えて地域をむすぶ ~交流・観光・教育


■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

(2018.10. 10 update)


マラッカ海峡3泊5日 ~シンガポール・マレーシア・インドネシアの国境ツアー ~

  

【出発日】2018年12月20日(木) 【発着】福岡空港発着

 ■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

(2018.10. 1 update)


五島福江-済州島・国境観光5日間のご案内

  

【出発日】2018年10月27日(土) 【発着】福岡空港発着

 ■ 詳細はこちら >>> >>> [CLICK]

(2018. 9. 12 update)


 

[事務局]060-0809 札幌市北区北9条西7丁目 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター内 境界地域研究ネットワーク JAPAN事務局
E-mail: jibsn@slav.hokudai.ac.jp   TEL: 011-706-2382   FAX:011-706-4952
copyright (c)   JIBSN